2021年04月26日更新!現在の掲載数242
HOME > 特集ブログ > たかやま じゅん

聴く・・

2014年8月25日

 先ごろ、「男はつらいよ~寅さん名場面集」と題される3枚のCDがクラウンレーベルからリリースされた。永らくレコードが廃盤のままで、オークションに出るとそれなりの値段が付いていた。  寅さんのシリーズが流行った40年ほど前は、まだビデオ

もっと見る

探る・・

2014年7月22日

 6月5日、京都からJR湖西線に乗り近江高島に着く。駅から山裾へ5分程歩き、織田信長の甥で大溝城を領した信澄が建てた大善寺を訪ねる。  文献に信澄の記述は乏しい。本能寺の変から3日後の6月5日、駐留先の大坂城千貫櫓で、明智光秀の謀反に

もっと見る

3倍・・

2014年6月16日

 卓越した力やライバル関係を例える言葉に、御三家がある。最近の本で、徳川家康が木曽川・紀ノ川・那珂川など川筋だけでなく、背後にある木曽・紀州・北関東の山林を押さえるために御三家を創設し、産業と物流を発達させたという斬新な見解があった。世

もっと見る

遥か・・

2014年5月26日

 地図を広げ、なぜそこに大坂城があるか、仁徳陵がどうして出来たかなど、山や川を俯瞰した視点で捉える「地形から読み解く日本の歴史」というユニークなムック本を見つけた。  モーターパラグライダーを操り、桜や紅葉の大地を鳥の目で撮影する多胡

もっと見る

咲く・・

2014年4月21日

 人から「ご出身は?」と問われると「神奈川県の小田原市!」と応えた。単に小田原だと「おお静岡県ですね~」と返ってくる。市川團十郎家の十八番(おはこ)「外郎(ういろう)売り」に〈・・御江戸を発って二十里上方、相州小田原・・〉とあるように、

もっと見る

恩師・・

2014年3月17日

 友人の伊豫田氏と連れ立ち、北海道文化財保護協会主催による幕末の会津藩に纏わる『敗者からの日本史』の講演を聴きに行った。講師は北海学園の役員に就かれている原一夫先生、白虎隊の中隊長で原早太の子孫にあたるそうな。微に入り細に入り語る歴史に

もっと見る

イスで・・

2014年2月17日

 若いころから歯に悩ませられ、差し歯・ブリッジは数知れず、転勤や引っ越しの度に歯医者を替えてきたが、いまは家の近くで定まった。  オレンジ色の「かをるデンタルハウス」と書かれた看板が目に留まり、女性の先生かと飛び込んだら男の先生であっ

もっと見る

おない年・・

2014年1月27日

 弘前から盛岡を結ぶ道が昔は津軽街道と呼ばれ、いまは東北自動車道が通っている。  昨秋、北海道文化財保護協会「みちのく文化財めぐり」のバスが八幡平近くで、正直者が得を掴むというダンブリ長者の伝説が残る田山の地名標識に差し掛かると「この

もっと見る

知己・・

2013年12月16日

 浜松で三十数年歌手をしている浜北弘二さんから、歴史歌謡「戦国武将(もののふ)列伝」のCDが届いたのは春のことであった。夏にはお孫さんを連れご夫妻での来札。初対面にも関わらず歴史談義で意気投合し「現地で家康公を語りませんか!?」と勧めら

もっと見る

識る・・

2013年11月18日

 帯広を訪れるのは三度目となった。世情を勘案してか満席の高速バス・ポテトライナーは、道央道から千歳で道東道へ繋がれる。トマムを過ぎるころ、山肌が白くなり路肩に雪の名残りが見えた。  乗車して三時間後、帯広駅から友人の車で然別湖に向かう

もっと見る

ページトップにもどる