2022年10月03日更新!現在の掲載数177
HOME > 特集ブログ > たかやま じゅん

SINKA・・

2018年7月16日

 長らく映画音楽を始め、多彩な楽曲のレコードとCDを蒐めてきた。折にふれ、ひとつの曲を幾通りものバリエーションで聴くことに興じている。  昭和生まれなら、懐かしい思いがする「ヒャラーリ~ヒャラリコ」の笛吹童子主題歌をラジオや映画とテレ

もっと見る

節目・・

2018年6月18日

 人生で主な節目と言われるのは入学と卒業。入社や結婚。転勤に退職などがあり、神社の節目一覧には私の生まれ年が古希と記されていた。例えば創業祭や周年記念は、たいがい末尾が5か0で行事が行われる。  今年は、江戸が明治となって150年目に

もっと見る

ここは・・

2018年5月21日

 眼科で、「白内障手術後の1週間は保護メガネが必要です」と奨められたアイケアグラスが、紫外線や花粉症対策になることから、外出の時も手放せなくなった。   カラフルな色も掛けたくなり、メガネショップで訊くが取扱いはなく、地下街のドラック

もっと見る

見える・・

2018年4月16日

 新聞の文字が見え難くなり、目の前に霞みも・・。車を運転することから眼科で精密検査を受け「老人性白内障と違い、もともと水晶体が光りに弱い」と診断された。  小学生の頃、日向に出ると目が痒くなった。目医者に「瞳が茶色なので黒メガネを掛け

もっと見る

同期の・・

2018年3月19日

 修学旅行や宴会で歌うのは歌謡曲や民謡が主で、軍歌になることも少なくなかった。締め括りは決まって同級生や同僚たちと肩を組み「同期の桜」で、アカペラに手拍子が加わると一つになって連帯感が芽生えた。  故郷で寿司屋を営むYとは小中高を通じ

もっと見る

たどる・・

2018年2月19日

 上司だった方の家族から喪中はがきが届くようになってきた。先輩の賀状に「本年で年頭の挨拶を納める」と書かれているのも少なくない。その一枚一枚に勤めていた若い頃の自分が重なって見えた。  入社して最初の勤務地は、まだ都電が走っていた靖国

もっと見る

トラウマ・・

2018年1月29日

 3年前、外出先でステップを踏み外し転けてしまった。骨折はしなかったものの脱臼した指のマッサージで、1年近く整形外科に通う。階段を下り始めるとその光景が甦り、以後はエスカレーターやエレベーターを利用する頻度が多くなっていた。  昨年、

もっと見る

プライド・・

2017年12月18日

 京阪電車の出町柳駅から鴨川の風に吹かれて橋を渡り、樹々が秋の彩りを始めた京都御苑に着くと、公家の邸宅が立ち並んでいたと伝わる一角に、平成17年に建てられた京都迎賓館がある。  地下の駐車場で空港同様のセキュリティ検査を受け、ガイドに

もっと見る

玉屋・・

2017年11月20日

 味の記憶にはオフクロの味、家庭の味と二つ上げられる。私にはもうひとつ玉屋の味があった。12年ほど前まで、名古屋に単身赴任をしていた。寄り道をしない限り夕食は住まいの近くで済ませるのが常となった。  名古屋駅から地下鉄で15分、「栄~

もっと見る

ギョっ・・

2017年10月23日

 江戸時代、滝沢馬琴が「南総里見八犬伝」を48歳で書き始め、完結を迎えたのは28年後の75歳であり、98巻106冊に及ぶ大長編となっていた。明治以後、出版された古典全集やダイジェスト版、現代語訳と子供向けやコミック版などは枚挙に暇がない

もっと見る

ページトップにもどる