2021年04月26日更新!現在の掲載数242
HOME > 特集・ブログ > エッセイSP > 大丈夫・・

エッセイSP(スペシャル)

大丈夫・・

たかやまじゅん

2020年8月24日

 ニュースで大雨の模様を知ると、被害のみならずウイルスの中で大丈夫かなと思いを馳せる。そして旧知の人たちへのお見舞いメールに「大丈夫ですか」と書き出す。
 この〝大丈夫〟は、「問題ない」とか「安心である」などの意味を含み、必要不必要、諾否など表裏一体の幅広い解釈がされると物の本に記されている。頓智で有名な一休さんが、弟子たち宛に「私が亡くなって、困ったことがあれば開きなさい」と手紙を遺した。後年、寺で問題が起こり一同が困った時に、その手紙を開くと「心配するな。大丈夫、何とかなる」と書かれてあり、皆の気持ちが楽になって解決したそうな。
 子どもの頃、ケガや風邪をひいても、親から「大丈夫」と言われると治った気になった。学生や社会人の時も、先生や上司から「大丈夫」のひと言を聞くと、安心感を覚えた。やがて、自分が逆の立ち位置なって、果たしてどうだったか。
 数年前の円空展で買った木製の〝にぎりぼとけ〟を食卓テーブルに飾ってある。卵大で手のひらに納まり、表面は南無虚空蔵菩薩の文字と仏さまの姿、裏に「だいじょうぶ きっとうまくいく」と彫られていた。いつしか朝晩の食後は、これを握るのが日課となる。
 丁度、BSの番組で火野正平さんが、相棒の自転車〝チャリオくん〟を漕ぎ、全国各地を巡る「にっぽん縦断 こころ旅」の〝朝版〟と、夜の〝とうちゃこ版〟の時間帯だった。画面に映る土地の人たちとの触れ合いや、スタッフとの遣り取りに思わず苦笑し、私が訪れた風景があると〝そこ見たぞ〟〝今度行きたいな〟とひとりごちした。
 ウイルスで、番組も中断されていたが、ようやく再開する。ただマスクをしている所為か、再放送で見る4、5年前の映像に比べ、心なしか登り坂で苦しそうな姿が気になった。思わず「正平ちゃん、大丈夫かな!?」と自分を重ねてしまう。何故なら、彼とは同い年であり、まして同じふたご座なのだ。秋には、北海道をスタートに番組が始まるとかで、元気な姿を待ちたい。
 いつも〝お茶会〟と称する友人たちの集まりも控え、半年近く経った。最近は、男同士の長電話に興じ、その時も開口一番は「大丈夫」。人には「大丈夫ですか」と問い、自分には「大丈夫うまくいく」といい聞かせる日々。英語に直すと「All right」で、すなわち大丈夫とは〝すべてよし〟に繋がる。

◎プロフィール

〈このごろ〉長めだった髪を、思いっ切り短くしたら、暑い日は風通しもよく、汗で濡れても直ぐ乾いた。今では、少し伸びただけでもうっとうしい。

メニュー
エッセイSP(スペシャル) たかやま じゅん 梅津 邦博 冴木 あさみ 吉田 政勝 今週のワーキングレディ Bunちゃんブログ

あなたにぴったりの求人、あります!

おすすめ求人情報は

おすすめ求人2
おすすめ求人3
おすすめ求人4
おすすめ求人5
おすすめ求人6
求人広告のご掲載について
求人情報提供ガイドライン適合メディア
携帯電話からでもサーチ
夜の求人広告ナイトワーク
ページトップにもどる