2020年02月24日更新!現在の掲載数227
HOME > 特集ブログ > 梅津 邦博

麗しき東京夫人

2020年2月10日

 上京すると、ぼくにとって「旅の我が家」といっては大変おこがましいのだが、どうも無意識にそうなっているようなところがあるのだ。その家長たる某株式会社社長であられるご主人とは40年以上の親友という長い付き合いでそうなってしまっているのだが。こ

もっと見る

ダンディズム

2020年1月13日

 新宿にあったメンズアパレルデザイン学校の夜間部を卒業して、台東区にある紳士服製造会社のTに入社した。生産量日本一で世界で五指に入るトップクラスのメーカーである。社員が400名以上いて8割は女性スタッフだが、しばらくすると5つ年上の先輩であ

もっと見る

歌い手「ASUMI」

2019年12月 9日

 12月になり、街はクリスマスムードに包まれている。音楽や料理や贈り物などと愉しみがあるだろう。どこかからクリスマスソングが聞こえてくる。 かつてニッカウィスキーのCMでナレーターが「私はおいしいウィスキーを知っている」と言った。そのシーン

もっと見る

寂しき日々

2019年11月11日

 昨秋、大手病院で入院手術をして18日間過ごした。病室も食事も素っ気ない。4人部屋で仕切りは白無地ぺラペラのカーテンでプライバシーガードなのだが、閉めると暗くて陰気でしょうがない。寝具も軽い掛け蒲団だけでは寒いので、家から持参したタオルケッ

もっと見る

チームナックスの役者たち

2019年10月14日

 北海道には北海道の風土と文化があり、それに沿って歴史が創られていっただろう。そしてまた歴史の始まりとは衝撃や肌理の粗さなどがあるのではないか。 北海道におけるテレビ放送局はいくつかあって、過去には報道や地域の特集などとは別に深夜においてバ

もっと見る

個性的魅力の居酒屋

2019年9月 9日

 ある日の夕暮れ時、駅前通りを歩いて「なかなか」という店に入った。  生ビールを注文し、小さな突出しが出た。タコとワカメとトビッコの酢和えだが、適当ではなくしっかり作ってある。豚串の塩焼き、ラーメンサラダを注文した。  ここの店のラ

もっと見る

スポットライトの下で

2019年8月19日

 5月、気温が高くなってきた。冬そして春のまだ風が冷たい時期とは違うのだ。脚が何となくちょっと浮足立っているかのような気がする。本当は生業が芳しくない状態で大変なのだが、閉塞感に覆われているような日々にどうしていいのかとにかく脱出したく

もっと見る

仏・伊合作映画「太陽がいっぱい」

2019年7月 8日

 昔から映画が好きで、20~30代の頃は土日ともなれば映画館へ通い、年間80本以上観ていた。  小学4年生の時、家にはまだテレビがなかった頃で町内の2年先輩の家へよく観に行っていた。そんなある日、レコードプレイヤーというもので初めてレ

もっと見る

サマーカジュアルスーツ

2019年6月10日

 夏は燃えるような輝くような弾む季節であって、スーツもサマーカジュアル的なスタイルで着こなさなくてはならない。TPOもあるが、いつまでもビジネススーツばかりでは息が詰まってしまいかねない。自らの世界を演出してゆくにあたっての準備が必要で

もっと見る

44年ぶりの再会

2019年5月13日

 今年は全国的に寒い春で、4月なのに東京も肌寒かった。その日、かつて東京時代の会社仲間であるマツザワ君と共に北千住駅に着いた。待ち合わせの44年ぶりに会う彼はどこにいるのかと探し回る。マツザワが右往左往しつつ彼と携帯で話しながら一緒にあ

もっと見る

ページトップにもどる