2020年08月03日更新!現在の掲載数283
HOME > 特集ブログ > 梅津 邦博

六花亭のスタッフたち

2020年7月13日

 仕事で顧客にお会いするため、御土産を用意する時は行き付けの六花亭へ行くことが多い。菓子折りを買ってお渡しするということは、実はそんな単純なことではなくさまざまなありようがある。 そのショッピングセンターへ食料品を買いに行く時は必ず六花亭の

もっと見る

買い物をする

2020年6月 8日

 ショッピングセンターなどへ食料品を買いに行くと店員の対応ぶりが気になってしまうことがある。買い物をする行為は楽しみでもあり気分転換でもあるはずで、機嫌がわるければ行かない。商品を品定めしてはカートに入れる。ハンガリー製蜂蜜、デンマーク製チ

もっと見る

コロナウイルス...!

2020年5月18日

 見えざる相手とは、五里霧中にてどこにいるのかがわからない。不穏な世の中はいつのころからかともかく昔からあるのでは。明るく幸せな社会とかのキャッチフレーズ風の言葉もあるが、しかし政治も、経済も、文化も、きな臭くてならないのだ。権力の中枢にい

もっと見る

雪が積もって

2020年4月13日

 3月4日、テレビで天気図により大雪警報が出ていた。帯広の積雪は50センチくらいだかの予報である。厭らしいのは、北海道を低気圧が両側から挟んで北へ向かおうとしている。等圧線図の円が幾重にもなって間隔が極端に狭まっている図に神経がざわめく。除

もっと見る

堂々たるおんな

2020年3月 9日

 スナックで中年以降のママさんに、若い頃はどちらかといえば美人の範疇に入っていただろうというような何人かの人に尋ねてみたことがある。 「ママは若い頃はきれいだったでしょ」というと相手は、 「昔はそういうふうに言われたことがありますよ」 と、

もっと見る

麗しき東京夫人

2020年2月10日

 上京すると、ぼくにとって「旅の我が家」といっては大変おこがましいのだが、どうも無意識にそうなっているようなところがあるのだ。その家長たる某株式会社社長であられるご主人とは40年以上の親友という長い付き合いでそうなってしまっているのだが。こ

もっと見る

ダンディズム

2020年1月13日

 新宿にあったメンズアパレルデザイン学校の夜間部を卒業して、台東区にある紳士服製造会社のTに入社した。生産量日本一で世界で五指に入るトップクラスのメーカーである。社員が400名以上いて8割は女性スタッフだが、しばらくすると5つ年上の先輩であ

もっと見る

歌い手「ASUMI」

2019年12月 9日

 12月になり、街はクリスマスムードに包まれている。音楽や料理や贈り物などと愉しみがあるだろう。どこかからクリスマスソングが聞こえてくる。 かつてニッカウィスキーのCMでナレーターが「私はおいしいウィスキーを知っている」と言った。そのシーン

もっと見る

寂しき日々

2019年11月11日

 昨秋、大手病院で入院手術をして18日間過ごした。病室も食事も素っ気ない。4人部屋で仕切りは白無地ぺラペラのカーテンでプライバシーガードなのだが、閉めると暗くて陰気でしょうがない。寝具も軽い掛け蒲団だけでは寒いので、家から持参したタオルケッ

もっと見る

チームナックスの役者たち

2019年10月14日

 北海道には北海道の風土と文化があり、それに沿って歴史が創られていっただろう。そしてまた歴史の始まりとは衝撃や肌理の粗さなどがあるのではないか。 北海道におけるテレビ放送局はいくつかあって、過去には報道や地域の特集などとは別に深夜においてバ

もっと見る

ページトップにもどる