2022年10月03日更新!現在の掲載数177
HOME > 特集ブログ > 梅津 邦博

マザータインデー

2015年2月 9日

 テレビでバレンタインデー特集をやっていた。母上がそれを見て、食べたいと言った。そこでFデパートへ行ってきた。地下の食品売場の華々しきチョコレートコーナーは女性客でごった返しているではないか。  (来るんでなかったな、別の日にすればよ

もっと見る

天変地異の世

2015年1月19日

 テレビのスイッチを入れると、社会は負の出来事にあふれていた。  不平不満が湯水のごとく溢れ、自意識過剰を通り越して異常な犯罪も多くなってきている。また政治家は、論理というおもちゃを駆使して終始国民の生活と安全を脅かしている。社会もそ

もっと見る

新たなる挑戦

2014年12月 8日

 生業は紳士服の受注仕立て販売業である。それが低迷している。紳士服というもの自体はなくなるわけではなく、需要はこれからもつづいてゆく。理由はどうあれ、結論からすれば自らの努力が足りないということになってしまう。  受注し、工場で仕立て

もっと見る

それ、 十勝の豚丼なの?

2014年11月10日

 いつ頃からそうなってきたのか、近年、帯広・十勝のご当地名物「豚丼」は、観光シーズンともなると市内の各豚丼専門店前には行列が出来るようになってきた。店としては書き入れ時ゆえに汗だくになりながらして作りつづけてゆくのだ。  帯広において

もっと見る

グレーゾーン?

2014年10月14日

 車の計器類警告ランプの点灯について診てもらうべく「マツダオートザム宮本帯広」に寄った。久しぶりに取締役部長の松山氏に会い、診てもらっているあいだテーブル席でいろんな話をした。  母親の車も何度目かの車検時期が近くなってきており、だい

もっと見る

セールスという仕事

2014年9月 8日

 何かの商品を販売するにはいろんな方法があり、そして外交販売というスタイルもある。  売り手と買い手という相関関係が成立することで経済が成り立つ。戦後の日本は、企業の多大なる販売戦略によって活性化し発展していった。同時に社会というもの

もっと見る

黄色い大きな鳥

2014年8月11日

 7月下旬、数年振りに車で日本海へ向かった、目的地へ行こうとするその行為は何故かどことなく誕生や破壊とか再生というイメージにも似ている。場所は石狩管内浜益村毘砂別の高台にある岩場の海遊広場で、4時間もかかる。  そこでなきゃならない特

もっと見る

何の楽しみがあるの

2014年7月14日

 さきおととしの秋、体内に病巣が発見され、主治医から言われて酒類を飲まなくなった。良性だったことで手術後問題もなく順調にきている。しかし気持ちの中では、本当に飲んではいけないのかななどとあれこれ考えてもいるのだった。  何人かの人から

もっと見る

威厳への試み

2014年6月 9日

 近年、テレビで時代劇をあまり見かけなくなっている。勧善懲悪物であろうとマンネリだろうと、日本人だから当然のごとく受け入れているし、何よりも現代物のクダラナイドラマなんか問題ではないのだ。演じているとはいえ、時代劇における人との関わり方

もっと見る

ぼくの街中でのエートス(居姿)

2014年5月19日

 十勝平野の中心地でもある帯広は、ワシントン市に倣って碁盤目のように造られた町で、整然とした街並みではある。人々が集まる街には、その環境においてさまざまな人間の想いや営みがあふれて文化がつくられてゆく、と思う。  人という存在の大きさ

もっと見る

ページトップにもどる