2022年08月08日更新!現在の掲載数280
HOME > 特集ブログ > 梅津 邦博

夏をさがして

2016年9月12日

 二カ月くらいだか曇りと雨の日がつづいていた。オホーツク海高気圧が張り出していたせいで、太平洋側道東方面には晴れた日がほとんどといっていいくらいになかった。これほどまでなのは過去に記憶があまりないような気がしている。今年はもう夏らしい夏

もっと見る

追いかける

2016年8月 8日

 人生もすでに半分過ぎてしまっている。それでもまだまだ若い気でいるし、元気だ。仕事をする、どこかへ出かける、何事かについて考えるなど、ただ若い時のようにはいかないということがある。ちょっとだけ力が弱くなってきているぶん気持ちは柔らかいと

もっと見る

風吹き荒れる

2016年7月11日

 週末は健康のためになるべく車に乗らないようにしたい。出来るだけ歩くようにとは思っている。ところが、歩けば何事かが生きてゆくことの根幹に伝わってくる場合もある。  たとえば「風」が、頬を、髪を、手を、煽るようにして吹く。それによってぼ

もっと見る

「平和園」で焼肉

2016年6月13日

 早春のある寒い夕方、焼肉を食べに一人で出かける。歩いて帯広駅前の『平和園』本店へ向かった。十勝の老舗で、手切りのジンギスカンなどが旨くて安いことで有名なのだ。いつも混んでいて一時間以上待つなんてことはよくある。  一人ですること

もっと見る

さみしいな

2016年5月16日

 晩冬のある日々、カゼをひいていた。身に染みるようにわびしく物哀しい気分がしてたまらない。  茶の間のカーペットにて横になっていたぼくは、母上に、  「だるくて、つらくて、なんていうかさみしいな」  すると座卓で何かの資料のような

もっと見る

ま、少しでも清く正しく

2016年3月14日

 蒲団をかぶって寝ようとする時や目覚めた時、顔の辺りに不快感があって、いくぶん大きく呼吸をするとざらついた空気が口中粘膜をさらに不快にさせる。つまりしばらく掃除をしていないからホコリっぽいということなのだ。科学的なことは知らないが、いっ

もっと見る

戦ってゆく

2016年2月 8日

 いろんな出来事によって心に波紋が広がり、場合によっては襞が荒れることもある。それをなんとかして抑えようとして戦ってゆく。まるで水面下に潜っていて息が足りなくなり、呼気を整えつつ浮上しつづけているのに似ているのだった。  いろんな人間

もっと見る

極寒の冬の寝起きは楽しい

2016年1月18日

 凍える冬の夜、寝る時間なので電気をすべてスイッチオフにする。うちは出かける時や寝る時は、ガス、ストーブ、水道、照明など必ず指差し確認してゆく。  そして、しんじょに入る。さむっ! 蒲団をはぐって被る。  (ううっ、冷てぇ&hell

もっと見る

12月だ

2015年12月14日

 クソクラエだという気分が温泉の湯気みたいにもわぁっと湧き立っているような感じがしている。セイジョーな神経だからそうなるのだ。  セイジカが、カンリョーが、さまざまな目論見によって仕組みをつくって国民を働かせている。だいたいが人間は、

もっと見る

皇居外堀通りでの肌寒さ

2015年11月 9日

 十月二日。ジャーナリストのS氏が席を設けてくれた新橋の「魚金2号店」へ行き、久し振りの再会をした。カウンター席にて立派な刺身盛り合わせが用意されてあり、ビールで乾杯する。お互い酒量はいけるほうではないが、彼が飲む場合はいつも意気込みと

もっと見る

ページトップにもどる