2023年01月23日更新!現在の掲載数138
HOME > 特集ブログ > 吉田 政勝

同窓会

2018年10月29日

 イベントの同窓会が開かれるとYさんから電話があった。そのイベントは14年前の「めむろいもっ子まつり」だった。そのイベント開催日と同じ日、10月10日に同窓会を開くという。連絡先に「出席します」と電話で伝えた。  会場の嵐山荘の大広間

もっと見る

アメリカからのハガキ

2018年10月22日

 古い手紙や写真を処分していると、サンフランシスコからのポストカードが出てきた。妻あてに私が出したものだった。何を書いたのだろうか?そう思って文面を読んでみた。  「今日はサンフランシスコにいます。日本時間で1月19日夜の12時30分

もっと見る

伊豆より

2018年8月27日

 19日に宅配便が届いた。  静岡県松崎町の松本晴雄さんからだった。箱を開けると、鰹なまり節、乾燥ひじき、金目鯛のお茶漬け、羊羹、干しそばなどが入っていて、見るからにおいしい伊豆特産品だった。  贈りものをいただくのは嬉しいが、どこ

もっと見る

隣人関係

2018年7月30日

 隣人と仲が悪いという話はけっこう聞くことがある。「隣の木が成長して境界からはみ出している」「塀が崩れそうで危険だ」など隣人トラブルの原因も様々だ。長年にわたって不仲になっているので解決に難儀する。  だが、友好的な隣人もいる。私の家

もっと見る

鈴木銃太郎の結婚

2018年7月23日

 私の住む町の開拓先駆者の一人が、鈴木銃太郎である。  わが郷土のパイオニアの小説をいつか書きたいと思ってきた。そのために史実とその時代を把握してきた。  現代人が、その時代を理解するのは容易ではない。幸い銃太郎は日記を残している。

もっと見る

ランチのリクエスト

2018年6月25日

 時々ランチのリクエストがある。「そのうちご飯でも食べませんか」と誘われる。  その1つが、絵手紙や美術館の友の会で活動する元気なおばさんたちだ。自称プチ作家?の話を聞きたいようだが、芸術的感性を秘めた彼女らこそわたしの方がファンなの

もっと見る

新聞記事を書く

2018年5月28日

 昨年の秋まで、契約で新聞社の取材記者をしていた。家庭の諸事情で辞めることになったが、3年半で380本の記事を書いていた。  その内容は、イベントや総会、医療講演、学校行事など様々だった。訂正記事は恥ずかしいので、名前や数字には特に注

もっと見る

大谷翔平の価値

2018年4月23日

 「文章は難しい事柄をできるだけ分かりやすく伝えるべきだ」  そう述べていたのは井上ひさし氏だった。私にとっては私淑する作家だ。   今回はやや難しい、人の心に潜む価値について書きたい。  その糸口として、大谷翔平の大リーグでの活

もっと見る

帯広の発祥地めぐり

2018年3月26日

 2月の某日、水光園オベリベリ温泉に浸かった。寒い冬は温泉で体を温めると心身がほぐれる。この辺りから帯広の開拓が始った。  近くに晩成社ゆかりのスポットがあるので車でまわった。アイヌ語でオベリベリと呼ばれた下帯広に、晩成社の開拓団が入

もっと見る

ことばを紡いで

2018年2月26日

 この冬、平昌五輪の日本女子選手のメダル獲得は快挙だ。高梨沙羅の銅、高木美帆の金・銀・銅、小平奈緒の金・銀…。まさに感動的だった。  彼女らは試合後の会見で、異口同音に周りで支えて励ましてくれた人々への感謝のことばを述べ

もっと見る

ページトップにもどる